食材は色で選ぼう! 食材カラーチェック法

スポンサードリンク

色っておもしろいかも?!

私が幼いころ、母親がこう言ってたのを思い出す。

「今日の晩ごはんは彩(いろどり)に欠けるわね。。」

「緑が足りないから、ネギでも入れようかしら」

実は、彩(いろどり)が、栄養チェックになっていたんですね。

食材は栄養バランスを考えて摂れば、健康な体つくりに一役

かってくれます。もちろん、ダイエット効果もありますよね!

しかも、見た目もとても良いです。

彩の良い食卓をみると、とても楽しくもなりますよね。

 

実は食材の色だけで、簡単な栄養チェックが可能です。

 

〇赤 ・・・ 抗酸化作用、リコピン

トマト、赤パプリカ、すいか、唐辛子、赤ワイン

 

〇黄 ・・・ ビタミンA

かぼちゃ、人参、マンゴー、柿、杏子、みかん

 

〇鮮やかな黄 ・・・フラボノイド

バナナ、レモン

〇緑 ・・・ ビタミン、ミネラル

小松菜、春菊、にら、青ネギ、きぬさや、パセリ、青しそ

 

〇黒(紫) ・・・ 食物繊維、カルシウム

わかめ、昆布、キノコ類、黒ゴマ、黒豆

 

〇白 ・・・ カリウム

白菜、大根、かぶ、梨、白ごま

 

〇橙(だいだい) ・・・ βカロテン

パパイヤ、オレンジ、人参、杏子

 

〇青(紫) ・・・ アントシアニン

ブルーベリー、ぶどう、いちご、黒豆

 

特に、抗酸化作用のある食材は積極的に摂りましょう。

 

抗酸化物質は肝臓に多くありますが、

20代をピークに、年齢とともに減少してしまいます。

なんと、40代では半分になるとも言われています。

 

現代社会では、ストレスだけでなく、食品添加物なども

多量に摂取してしまい、活性酸素が増える要素も多いので、

抗酸化作用のある野菜や果物をもっと積極的に摂りましょう。

 

このように、色で大体覚えておくと、とても便利です。

今さらながら、昔から言われてきた何気ないひと言が、

的を得ていることが多いですね。

 

さあ、みんなで言いましょう。

「お母さん、ありがとう」

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA