短期ダイエットは悪か?いえ、短期ダイエットが最高です!!

スポンサードリンク

冬はやっぱり「ネギ沢山もつ鍋」だねー!

短期的にダイエットするのが最高です!

そう思いませんか?

短期でササッとダイエットできれば、

・すぐに美味しい食事にありつけますか?  ⇒ YES!

・食べたいモノをガマンしなくてもいいですか?  ⇒ YES!

・やりたくもないジム通いをしなくて済みますか?  ⇒ YES!

・「痩せたね~」って、人気者になれますか?  ⇒ YES!

・やれば出来る人だって、自分を変えることができますか?  ⇒ YES!

・自分の変わりようにびっくりしますか?  ⇒ YES!

・ダイエットの時間を他のやりたい事に使えますか?  ⇒ YES!

・子供の参観日で「〇〇ちゃんのママ、きれい~」って言われますか?  ⇒ YES!

・娘さんに「カッコいいパパ」と言われますか?  ⇒ YES!

・ガンや生活習慣病のリスクが下げられますか?  ⇒ YES!

そうです、これらすべてに 『YES』 なんです。

 

こう言うと、こんな声が聞こえてきそうです。

「だって、急激なダイエットはカラダに悪いでしょ?」

 

しかし、よく考えてみましょう。

「もし、今、あなたが病気ならどうしますか?」

 

すぐに治そうとしませんか?

ウイルス性の風邪をひいて発熱したとします。

 

私なら、カラダを温めて、熱くして、一気に汗を出して、

下痢、嘔吐も止めずに、ウイルスなどを早くカラダから

排毒して、一瞬で治そうとします。

(薬では症状を抑えるだけなので、治療にはなっていません)

 

「肥満は病気」と捉えると分かりやすいと思います。

現代病と言われて久しいです。

 

病気をすぐに治して、健康状態を維持することが最良です。

病気をダイエットに置き換えると、

・病気をすぐに治す・・・→短期で痩せる

・健康状態を維持する・・・→体型維持

これが、本来の正しい考え方ではないでしょうか。

 

あなたは、まだこの疑問が残っていると思います。

「短期ダイエットは、リバウンドがあるんじゃないの?」

 

ここも、病気で考えてみましょう。

ウイルス性の風邪も正しい知識・正しい方法で治さねば、

逆に悪化してしまいます。

 

ダイエットも正しい知識・正しい方法ですれば、

短期的にダイエットしても、リバウンドはありません。

 

逆に、長期的ダイエットでは、ダイエットするための準備も

できていないカラダには負担なだけですし、

我慢するだけのモチベーションも維持ができません。

そもそも「維持するためのダイエット」にしかなりません。

 

正しい知識・正しい方法で、短期的なダイエットをしてから、

維持するダイエット(長期)の順番にしなければ意味がありません。

 

話は少し変わりますが、

そもそも「ダイエット」の語源は、ギリシャ語「diata(生活様式)」から、

英語の「diet(日常の食べ物)に転じた言葉という説が最有力です。

 

diet(ダイエット)は「我慢する」とか「運動する」という意味ではありません。

「日常の食事をコントロールする」ということになるのではないでしょうか。

 

ダイエットのカギは、「食事」と「運動」が常識です。

 

しかし、体重1kg減らすのに、7,200kcalも消費しなければなりませんので、

みっちりエアロビ1時間、ウォーキング2時間程度でやっと200~300kcal。

これでは、激しい運動をしてもダイエットの効果は少ないと言わざるを得ません。

 

あのスーパーダイエッターのプロボクサーでさえ、

激しいスパーリングだけでは、減量できないのですから。

徹底した食事管理をしてコントロールしています。

最後は、水も飲めなくなるほど、苛酷な職業です。

 

よって、食事と運動の重要度の割合は、

食事9割、運動1割くらいで良いと思います。

 

そして、運動1割の中では、

基礎代謝だけで7割近くの消費となります。

 

この1割の中の7割に重点を置き、激しい運動より、

基礎代謝をあげることの方が重要です。

 

基礎代謝とは、呼吸したり、心臓を動かしたり、

体温維持したりする生命活動のことです。

 

基礎代謝をあげるための方法もたくさんあります。

・睡眠の質をあげるノウハウを知る

・体温を1度あげるノウハウを知る

・メッツ運動を取り入れる

これらだけでも十分です。

 

やはり、ダイエットに9割の影響力のある「食事」に注目した方が、

効果は高いのがお分かりいただけたと思います。

 

だからと言って、長期的な食事制限では離脱者が多くなるだけです。

食事制限をやめた途端に、リバウンドしてしまいます。

 

単品ダイエットも流行しますが、成功しているのはひとつもありません。

リンゴだけ、バナナだけ、ゆでたまご、ナタデココ、野菜スープ。。。

 

短期ダイエットの正しい知識・正しい方法は、唯一この方法だけでしょう。

それが『ファスティング(断食)』。

 

それは、他のダイエット方法とは決定的に違うことがあるからです。

ファスティングはダイエット方法ではなく、健康法だからです。

 

食料廃棄率のアップが物語るように、食べ過ぎ状態や、

加工食品の摂取量増大、コンビニの普及、ファストフード店の普及、

外食頻度のアップなどは、人類史上、たった数十年の話です。

 

それ以前は、強制的にファスティング(断食)状態になりました。

人間の体は、そういう仕組みで進化するようになっています。

 

だから、ファスティング(断食)で、

「食べないなんて、ありえない」という考えこそが、特別な考えなのです。

 

人間の誰もが、本来、ファスティングをするカラダの仕組みになっています。

これこそが、英語のdiet(日常の食べ物)状態と言えると思います。

 

本当に、私が言いたい事は、ファスティングでダイエットしよう!ではなく、

ファスティングで、健康寿命を伸ばしましょう!なんです。

 

しかし、間違ったダイエット知識で、失敗される方があまりに多く、

健康被害が続出しているので、関心の高いダイエットから話し始めているだけです。

 

本来は、肥満体型、メタボ体型の人だけでなく、痩せ型の人も

ファスティングする必要があります。

 

成長が止まる時期(高校生くらい)から、60歳くらいまでは、

日本人はファスティングしなければならない環境で暮らしているからです。

 

日本全国で、食事にファスティングが取り入れられたら、

デトックスが習慣化され、ガンとか、生活習慣病などに悩まされずに済むと思っています。

 

ここまで、お読み下さりありがとうございましたm(__)m

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA