ダイエットって、そもそも何?

スポンサードリンク

語源が気になる!

ダイエットってどっからきたの?

語源を調べてみたら、

元々は、ギリシャ語の「diata」からだそうです。

意味としては、生活様式、生き方ということ。

それが、英語の「diet」、日常の食べ物に転じた言葉らしいですね。

これが、最有力。

 

もうひとつは、

英語のdie(死ぬ)+eat(食べ方)から作られた造語説もあるとのこと。

 

どちらにしても、「日常の食事の在り方」が大事ということです。

 

ダイエットの成功のカギは、「食事」と「運動」とよく言います。

しかし、「食事」と「運動」ではどちらが効果が大きいと思いますか?

 

「運動」は、体重1kg落とすのに、7,200kcal使わなければ落ちません。

どれだけの運動量が必要でしょうか。

 

エアロビとか、ボクササイズなど、2時間みっちりやって、

人によりますが、200~300kcal しか使わないそうです。

 

単純計算で、マックスの300kcal使ったとしても、

24時間フル活動でやっと1kg体重が減るだけです。

 

大変。。。

っていうか、無理。

 

そして、1日の消費カロリーのうち、

基礎代謝だけで、7割近く使っているらしいです。

呼吸したり、心臓を動かすだけでですよ。

 

激しい運動は、ダイエットには向いていないと言えます。

しかし、基礎代謝をあげるために、筋肉量の維持は必要です。

これは、ウォーキングなどで充分かもしれませんね。

 

こう考えると、運動だけではダイエットは厳しいことが良く分かりました。

やはり語源は、正しかったんですね。

 

「食事をコントロールする」

これが最適。

 

ということは、

「食事をコントローする」ことに最適な、

「ファスティング(断食)」の出番ということです。

 

さあ、みなさん、ファスティングしましょうね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA